2004年10月26日

地震対策グッズ・災害対策グッズの紹介

「地震」相次ぐ「台風被害」と、今年は自然の恐ろしさを痛感致します。

犠牲となられた方へ謹んでご冥福をお祈りします。
そしてこれ以上大きな被害が出ない事を祈るばかりです。。

いつ何が起こるか分からない近頃で、事前の用意の対策で、少しでも被害を押さえられればと思いますので、地震対策グッズや、非常時の対策グッズなどを紹介したいと思います。


▼【地震対策グッズ・災害セットグッズ】詳細へ
posted by yuu at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月03日

「携帯電話ハンズフリーグッズ」車の運転中の携帯使用の罰則、及び罰金に注意!

道路交通法の改正でこの11月1日より自動車内での携帯電話の使用にあたり罰則、及び罰金が課せられます。

運転中に携帯電話を手に持って、携帯の画面を注視しただけでも罰則の対象になります

5万円以下の罰金で大型車7000円、乗用車6000円です。
平成16年11月1日より、携帯電話の通話、画像注視(メールなど)には1点減点、6,000円の反則金!

運転中の携帯電話―「使っただけ」で罰せられます!(平成16年11月1日より!)

●運転中に携帯電話を手で持って通話したり、メールの交信(画像を注視する)などをするだけで罰せられることになります……5万円以下の罰金

※これまでは、運転中に携帯電話を使用しても「交通の危険を生じさせた場合」だけ罰せられていたのですが、
 今後は「危険を生じさせていなくても運転中に使用しているだけ」で罰則の対象となります。

☆違反点数・反則金………この違反行為に対しては、「交通反則通告制度」が適用され、
施行時までに「違反点数」「反則金」が明らかにされます。
 違反点数は1点 反則金は以下の通りに決定されました。

違反車両の種類 大型自動車等 普通自動車・自動二輪等 原動機付自転車等
反則金の額 7千円 6千円 5千円
★カーナビの使用については、従来どおり、危険を生じさせない限り違反にはなりません。
★交通の危険を生じさせた場合は従来通りの罰則・違反点数・反則金が科されます。 
仕事上の急ぎの用事でどうしても運転中に携帯電話を必要となってくる方も多いと思いますので
ハンズフリーでの会話は認められていますので、携帯電話を運転中にどうしても使用しなければいけない方は「携帯電話のハンズフリー」商品をお使いになってはいかがでしょうか。

少し商品を紹介します

▼続きへ
posted by yuu at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Yahooショッピングで探す

ストアミックスで探す  
楽天市場で探す  
ビッターズで探す  

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。